文化遺産オンライン

紅型衣装 白木綿地流水草花貝模様

びんがたいしょう  しろもめんじりゅうすいくさばなかいもよう

作品概要

紅型衣装 白木綿地流水草花貝模様

びんがたいしょう  しろもめんじりゅうすいくさばなかいもよう

染織

沖縄本島

第二尚氏時代・19世紀

木綿製

丈126.0 裄65.0

1領

型紙を用いて色彩豊かに模様を摺り染にした紅型は、琉球染織の花形である。流水に草花をあらわした風景的な模様は、日本の友禅染に似たデザイン表現である。紅型の模様は、しばしば、日本の模様に影響を受けたデザインがみられる。

紅型衣装 白木綿地流水草花貝模様をもっと見る

沖縄本島をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

紅型 / 模様 / Bingata / Ryukyu

関連作品

チェックした関連作品の検索