文化遺産オンライン

花鳥螺鈿方形合子

かちょうらでんほうけいごうす

作品概要

花鳥螺鈿方形合子

かちょうらでんほうけいごうす

漆工 / / 中国

制作地:中国

明時代・16~17世紀

縦34.5、横34.5、高10.6

1合

このように四隅が入り込んだ器形は明時代後期に流行し、漆器のほか陶磁器にも見受けられますが、螺鈿では類例が知られていない珍しいものです。器形によって制作年代を推定できるため、明時代の螺鈿の技法と様式の展開を考えるうえでも貴重な作品です。

花鳥螺鈿方形合子をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

螺鈿 / Ming / 漆器 /

関連作品

チェックした関連作品の検索