Official Document Issued by Masuda Nagamori

Details

Official Document Issued by Masuda Nagamori

calligraphy / Azuchi/Momoyama

Azuchi-Momoyama period, dated 1602 (Keicho 7)

Ink on paper

1巻

増田長盛も秀吉に仕え、検地の遂行など内政面で活躍し、晩年は五奉行の一人となった。この黒印状は辻盛政の所領の検地の結果としての石高を明記した公文書。秀吉の死後、長政や長盛は徳川家康に接近したが、後に長盛は謀反の嫌疑をかけられ切腹した。

Related Works

Search items related to work chosen