樵談治要 ショウダンチヨウ

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 室町 

制作地:日本
室町
紙本墨書
縦 29.3 cm 横 1209.5 cm
1巻
銘文:文明十六年七月五日付 三宝院義覚の奥書あり

一条兼良が足利義尚のために政治の要諦を説いた『樵談治要』の古写木。博学をもって知られた兼良が、義尚の求めに応じて『樵談治要』を選進したのは、文明十二年(1480)七月のことであった。この古写本は翌文明十三年の足利義尚自筆奥書をもち、『樵談治要』の写本としては極めて古いもの。なお奥には継ぎ紙をして、義尚の弟、三宝院義覚が、文明十四年七月に兄義尚よりこの本を譲りうけた旨を記す。

作品所在地の地図

関連リンク

樵談治要チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仏説観弥勒菩薩上生兜率天経
伏見天皇宸翰唯識三十頌
円仁入唐求法目録
今昔物語集
明恵上人歌集
ページトップへ