後伏見天皇宸翰御消息(両御所云々) ゴフシミテンノウシンカンオンショウソク(リョウゴショウンヌン)

鎌倉 

後伏見天皇
制作地:日本
鎌倉
紙本墨書
縦 32.8 cm 横 40.6 cm
1幅
重美

持明院・大覚寺の両統迭立(りょうとうてつりつ)に関わる、いわゆる文保の御和談について記した後伏見天皇(1288~1336)の震翰消息。
文意から見て、前太政大臣西園寺実兼に宛てたものと推定される。文頭の「両御所御問答」とは、後宇多・伏見両法皇によるやりとりを指し、緊迫した両統の交渉の様子を今に伝える貴重な消息。

作品所在地の地図

関連リンク

後伏見天皇宸翰御消息(両御所云々)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金字法華経巻第三
後伏見天皇宸翰消息(今朝自是云々)
伏見天皇宸翰和歌集(広沢切)
伏見天皇宸翰御願文
紙本墨書伏見天皇宸翰御消息(宮出家事云々)
ページトップへ