源氏物語抜書 げんじものがたりぬきがき

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 南北朝 

伝尊円親王筆
南北朝時代・14世紀
彩箋墨書
33.2×308.0
1巻

上部に藍の雲、下部に紫の雲を漉き込んだ雲紙に、『源氏物語』から「藤裏葉」(第三十三帖)を書写している。物語をこのような散らし書きにするのは、その順番を教えるための手本であったと考えられる。尊円流の優雅な筆致で、読みやすく書かれている。
くもがみ、ふじのうらば

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語抜書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

門葉記(寺領目録)
門葉記(寺領目録)

尊円親王筆、銘文は尊純親王筆

松浦宮物語(色紙、金銀泥下絵料紙)
和漢朗詠集巻上(久松切)
藍紙華厳経巻第五十(泉福寺経)
門葉記〈(寺領目録)/尊円親王筆〉
ページトップへ