染付松竹梅文徳利 そめつけしょうちくばいもんとくり

陶磁 / 江戸 

伊万里
江戸時代・17世紀
高31.6 口径5.4 底径10.2
1口

17世紀のはじめ、佐賀県の有田で磁器づくりが創始され、中国景徳鎮(けいとくちん)に照準をあてた器が作られた。この徳利は初期伊万里(いまり)の代表作で、染付による飄逸(ひょういつ)な松竹梅文の描写が特徴的である。器面に現れる初期の未熟な技術が、かえって独特の風韻を醸し出している。

作品所在地の地図

関連リンク

染付松竹梅文徳利チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付岩鹿水禽文輪花鉢
染付山水文皿
染付宝文皿
染付丸文壺
色絵独楽文徳利
ページトップへ