Lidded Octagonal Bowl Immortal design in underglaze blue

Details

Lidded Octagonal Bowl Immortal design in underglaze blue

ceramics / Edo

By Kawamoto Hansuke V(1831-1907); Seto ware

Edo period, 19th century

磁製

総高13.7 径21.5 高台径13.5

1合

Inscriptions:「竒陶軒半介製」染付銘

底裏に「竒陶軒半介(きとうけんはんすけ)製」の銘が記されており、瀬戸の陶工で竒陶軒と号した五代川本半助の作であることが知られる。瀬戸における染付(そめつけ)は、肥前(ひぜん)で技術を学んだ加藤民吉(たみきち)により19世紀初頭に始められ、とくに中国明時代末の祥瑞(しょんずい)の写しに優れた技巧が示されている。

Related Works

Search items related to work chosen