Large Water Container Waterfall and carp design in underglaze blue

Details

Large Water Container Waterfall and carp design in underglaze blue

ceramics / Meiji

By Kato Mokuzaemon II, Seto

Meiji era, 19th century

高100.9 口径46.1 底径31.8

1口

加藤杢左衛門+かとうもくざえもん+は、幕末から明治にかけての瀬戸の陶家。初代が陶器の製造を始め、二代のときに磁器に転じた。本作のような大型の作品を得意とし、大壺や大灯篭、テーブルなどを作り出した。また外国人向けの筒型の傘立てを考案したことでも知られる。

Related Works

Search items related to work chosen