白地立木文様更紗掛布 しろじたちきもんようさらさかけぬの

染織 

18世紀
木綿単糸平織 媒染模様染め(木版)・蠟防染模様染め(手描き) 片面染め
縦204.5 横133.5
1枚

イスラーム文様を表わす大判の更紗。中心区画はイスラーム建築の壁龕様の枠を設け、内側には山形の土坡を魚鱗葺に重ねた大地と、先端の尖った立木を表わす。立木の周囲の空間にも鋸歯状の多弁花と花唐草を充填し、立木を中心に獅子、孔雀、尾長鶏、鸚鵡、栗鼠などを左右対称に描き、上方にはアラビア文字を記した題箋を表わす。中心区画を囲む枠取り部分には曲線を描く唐草と大輪の花を配し、上部帯枠内中心には半裁形の太陽と剃髪で顎髭をたくわえた男性の顔を表わす。

作品所在地の地図

関連リンク

白地立木文様更紗掛布チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白地アラベスク壁龕立木文様更紗掛布
白地メダイヨン花鳥唐草文様更紗敷布
人物・動物文更紗祭礼布
縹地火焔形花卉文様更紗
白藍地花旭日文様更紗
ページトップへ