白地アラベスク壁龕立木文様更紗掛布 しろじあらべすくへきがんたちきもんようさらさかけぬの

染織 

19~20世紀
木綿単糸平織 媒染模様染め・蠟防染模様染め(木版、一部手描き)
縦132.0 横106.0
1枚

表地は木版捺染でイスラーム建築の正面を表わす更紗。凸形の建築模様の中心には方形の区画に壁龕を表わし、その内側には花唐草を基調としたアラベスク模様を埋め尽くし、龕の頂には双頭の鳥を、その下方左右には孔雀を描く。建築の中心に描かれる壁龕は、イーワーンと呼ばれるイスラーム建築の正面に設けられる空間を表わしたものと考えられる。両脇のやや高い柱状の表現は、ミナレットを思わせる。糸杉ともペイズリー形ともいえる立木、鋸歯状の花弁や葉の花唐草文様、さらにアラビア文字をあしらった題箋など、イスラーム圏で好まれる模様を染め出した「ペルシャ向け更紗」の典型作で、日本では「聖殿文(セイデンモン)更紗」として知られる。

作品所在地の地図

関連リンク

白地アラベスク壁龕立木文様更紗掛布チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白地立木文様更紗掛布
白地メダイヨン花鳥唐草文様更紗敷布
縹地火焔形花卉文様更紗
人物・動物文更紗祭礼布
白藍地花旭日文様更紗
ページトップへ