白地メダイヨン花鳥唐草文様更紗敷布 しろじめだいよんかちょうからくさもんようさらさしきぬの

染織 

19~20世紀
木綿単糸平織 媒染模様染め・蠟防染模様染め(木版、手描き)
縦138.0 横96.0
1枚

表地は方形の区画を設け、万華鏡のように多角形を組合わせたメダイヨンを中心や四隅に配し、その間隙に小型の多角形や様式化の進んだ草花文様を充填した「ペルシャ向け更紗」。裏地には桃色の輪繋ぎと花葉模様を縞状に配した木版西洋更紗を縫い合わせ、縁には黄緑の房をつけたフリンジテープを縫いつけている。イスラーム圏で好まれた更紗の典型作であり、礼拝時の敷布としてその用途も明らかな好例といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

白地メダイヨン花鳥唐草文様更紗敷布チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白地アラベスク壁龕立木文様更紗掛布
白地立木文様更紗掛布
縹地火焔形花卉文様更紗
花束人物文様更紗縫合厨子掛
緑地山道文金更紗茶具敷
ページトップへ