縹地火焔形花卉文様更紗 はなだじかえんけいかきもんようさらさ

染織 

18~19世紀
木綿単糸平織 媒染模様染め・蠟防染模様染め(木版、手描き) 片面染め
縦398.0 横226.0
1枚

薄手の木綿生地を2幅縫い合わせた大判の更紗。縹地に火焔形花卉文を主文とし、周りに4弁の花卉文を菱繋ぎに連ねる。中央部の天地には先端が糸目状に伸びた火焔形花卉文を配した区画を端から茜、茶、黄色地の3段に表わし、蠟防染で白抜きされた細線(白糸目ともいう)で細かな文様をあらわした典型的なシャム向けの更紗である。

作品所在地の地図

関連リンク

縹地火焔形花卉文様更紗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白地メダイヨン花鳥唐草文様更紗敷布
白藍地花旭日文様更紗
白地立木文様更紗掛布
白地アラベスク壁龕立木文様更紗掛布
花束人物文様更紗縫合厨子掛
ページトップへ