人物・動物文更紗祭礼布 じんぶつ・どうぶつもんさらささいれいふ

染織 / その他アジア 

出土地:インドネシア・スラウェシ島トラジャ
18世紀後半~19世紀前半
木綿単糸平織 片面染め 媒染模様染め・蠟防染模様染め(手描き)
縦102.0 横382.0
1枚

南スラウェシの古都パロポから50キロ離れたトラジャ地方に伝わったインド更紗。横長の1枚の木綿布にイスラム建築風の4つの花弁形アーチを描き、それぞれの空間には草模様を散らし、右からラージャ(貴族の男性)とその伴侶、2人の曲芸師、曲芸団の演技を見物するラージャ、象上の輿に乗るラージャを描く。4つの空間を仕切る柱は、淡藍、白、赤の羽絣模様で彩られ、柱頭には一対の獅子が表される。柱頭の上方には大きな8弁の花模様を中心に花唐草が伸びだし、アーチ全体を充填している。

作品所在地の地図

関連リンク

人物・動物文更紗祭礼布チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白藍地花旭日文様更紗
白地立木文様更紗掛布
白地アラベスク壁龕立木文様更紗掛布
茜地狩猟文更紗
茜地狩猟文更紗

インド西部

茜地幾何学文更紗儀礼用布
ページトップへ