外縁付鈕2式銅鐸 がいえんつきちゅう2しきどうたく

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 弥生 / 兵庫県 

出土地:兵庫県豊岡市気比字溝谷出土
弥生時代(中期)・前2~前1世紀
青銅製
総高45.9cm 鐸身32.4cm 裾径23.9×16.5cm 重量6260g
1個
重要文化財

大正元(1912)年、採石作業中に岩陰から偶然発見された4個の銅鐸のうちの一つです。鐸身は繊細な流水文で飾られ、鈕+ちゅう+(吊り手)にはシカが巧みに描かれています。本例は島根県雲南市加茂岩倉遺跡出土5号銅鐸と同じ鋳型で作られたと考えられる、同笵+どうはん+銅鐸です。

作品所在地の地図

関連リンク

外縁付鈕2式銅鐸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

外縁付鈕2式銅鐸
外縁付鈕2式銅鐸
外縁付紐2式銅鐸
扁平鈕式銅鐸
外縁付鈕2式銅鐸
ページトップへ