文化遺産オンライン

小大君集断簡 御蔵切「うりふのゝ」

こおおぎみしゅうだんかん おくらぎれ うりゅうのの

作品概要

小大君集断簡 御蔵切「うりふのゝ」

こおおぎみしゅうだんかん おくらぎれ うりゅうのの

伝小大君筆

平安時代 11~12世紀

彩箋墨書

縦19.5 横36.7

1幅

布目打ちし、白の具引きをした唐紙に『小大君集』の和歌4首を書写した断簡。本品は3頁分を残す断簡であり、また鎌倉時代に書写されたと思われる識語が残る貴重な断簡である。この識語によれば、当時11帖が確認されていたとわかる。識語に据えられた花押は、二条為氏(1222-86)と推定されている。
繊細で丸味を帯びた筆致、連綿の美しさが女性の筆を想定させたため、歌集の作者である小大君を伝承筆者としたと考えられる。

小大君集断簡 御蔵切「うりふのゝ」をもっと見る

伝小大君筆をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

断簡 / / 書写 /

関連作品

チェックした関連作品の検索