刀 銘「飛騨守藤原氏房」 かたな

工芸  金工 / 安土・桃山 / 日本 

二代藤原氏房作
にだいふじわらうじふさ
安土桃山時代
鎬造り 庵棟 大鋒 生ぶ茎
全長94.3cm 刃長74.6cm 反り2.0cm
1口

飛騨守氏房は初代若狭守氏房の子で、初め織田信長に仕えた。天正20年(1592)、関白秀次の斡旋により飛騨守を受領し、その直前に氏房を襲名している。大鋒で身幅の広い豪壮な姿は、慶長新刀の特徴をよく表し、氏房の技量をよくうかがうことができる。

作品所在地の地図

関連リンク

刀 銘「飛騨守藤原氏房」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘「雲生作」
太刀〈銘吉房/〉
短刀 銘「伯耆守藤原朝臣信高 寛永七年庚午二月日」「美濃守藤原政常」
短刀 銘「伯耆守藤原朝臣信高 寛永七年庚午二月日」「美濃守藤原政常」

初代藤原信高(1563~1636)・三代藤原政常(~1665)合作

太刀〈銘真守/〉
刀 無銘則房
ページトップへ