Katana

刀 銘「飛騨守藤原氏房」

Details

Katana

刀 銘「飛騨守藤原氏房」

工芸品 / 金工 / 安土・桃山 / 日本

二代藤原氏房作

にだいふじわらうじふさ

安土桃山時代

鎬造り 庵棟 大鋒 生ぶ茎

全長94.3cm 刃長74.6cm 反り2.0cm

1口

飛騨守氏房は初代若狭守氏房の子で、初め織田信長に仕えた。天正20年(1592)、関白秀次の斡旋により飛騨守を受領し、その直前に氏房を襲名している。大鋒で身幅の広い豪壮な姿は、慶長新刀の特徴をよく表し、氏房の技量をよくうかがうことができる。

Search by Katana

Search by 二代藤原氏房作

Search by 名古屋市博物館

Keywords

Azuchi / Momoyama / かたな /

Related Works

Search items related to work chosen