文化遺産オンライン

和歌短冊「雨中菊」

わかたんざく「うちゅうきく」

作品概要

和歌短冊「雨中菊」

わかたんざく「うちゅうきく」

/ 明治 / 富山県

藤井能三  (1846~1913)

ふじいのうそう

富山県高岡市

明治後期

紙・短冊・墨書

縦36.2cm×横6.0cm

1枚

富山県高岡市古城1-5

3-02-24

現高岡市伏木の近代化に尽力した、廻船問屋・実業家の藤井能三(1846~1913)の和歌短冊。
「雨中菊/ふる雨のしつく(雫)も千代の香りして/盛り久しき庭のむら菊」。

和歌短冊「雨中菊」をもっと見る

藤井能三をもっと見る

高岡市立博物館をもっと見る

キーワード

高岡 / 伏木 / 富山 / 短冊

関連作品

チェックした関連作品の検索