榊原康政画像(模本) さかきばらやすまさがぞう

絵画 / 大正  昭和以降 

森田亀太郎模
大正~昭和時代・20世紀、原本:江戸時代・17世紀
紙本着色
1幅

徳川家康四天王の一人と称された武将・榊原康政(1548~1606)の肖像画の模本。前胴@ぜんどう@に這龍@はいりゅう@、草摺@くさずり@に立波文@たつなみもん@をあらわした素懸威@すがけおどし@の具足@ぐそく@を着て座した姿である。頭には三鈷剣@さんこけん@の前立@まえたて@の筋兜@すじかぶと@をつける。背後には日輪に、篆書@てんしょ@体の「無」を表した旗を描く。(鷲頭氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

榊原康政画像(模本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒糸威二枚胴具足
黒糸威二枚胴具足〈兜・小具足付/(榊原康政所用)/〉
南蛮胴具足〈兜・小具足付/〉
熊毛植二枚胴具足
色々糸威二枚胴具足
ページトップへ