文化遺産オンライン

褐釉人面浮文瓶

かつゆうじんめんうきもんへい

作品概要

褐釉人面浮文瓶

かつゆうじんめんうきもんへい

陶磁 / 江戸

讃窯

江戸時代・19世紀

陶製

高20.5 口径3.9 胴径15 底径7.8

1口

いわゆる「ひげ徳利」と呼ばれるもので、17世紀にドイツのライン川流域で焼かれた手付瓶を本歌とする。胴部に文様のメダイヨン、首に口髭と顎鬚を長く生やした男の浮彫装飾がつけられたユニークな形が印象的で、日本では茶会に使用された記録も残る。

褐釉人面浮文瓶をもっと見る

讃窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索