花入 はないれ

陶磁 / 安土・桃山  江戸 

備前
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
高23.8 口径5.0 底径7.8 
1口

ふっくらとしたやや長い胴をもち、徳利としても用いられた花入です。焼成時に強く炎にあたらなかったとみられ、よく焼き締まって黒褐色に焼きあがる備前焼とは対照的な、穏やかな肌合いが特徴的です。

作品所在地の地図

関連リンク

花入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

扁壺形花入
火襷大壺
火襷大壺

備前

筒形花入
筒形花入

信楽

耳付花入
耳付花入

伊賀

褐釉人面浮文瓶
ページトップへ