初音蒔絵黒棚飾り はつねまきえくろだなかざり

工芸  その他 / 江戸 / 日本 

江戸/寛永16年(1639)
黒棚 高67.4 縦38.2 横77.8
一具
霊仙院千代姫(尾張2代光友夫人)所用
国宝

「初音の調度」は、寛永十六年(一六三九)、三代将軍家光の長女千代姫が、尾張徳川家二代光友に嫁いだ際持参した調度で、室町時代以来の蒔絵師・幸阿弥家十代の長重が製作に当たった。初音の調度の名は、『源氏物語』の「初音」の帖「年月を松にひかれてふる人に今日鴬の初音きかせよ」の歌意を全体の意匠とし、その歌の文字を葦手書きに散らしているところに由来している。梨子地に多様な技巧を駆使した蒔絵技法と王朝美の伝統意匠とにより、近世蒔絵および近世大名婚礼調度の最高峰といわれる。幸阿弥家の記録によると、千代姫誕生の寛永十六年に早くも注文を受け完成した。

作品所在地の地図

関連リンク

初音蒔絵黒棚飾りチェックした作品をもとに関連する作品を探す

婚礼調度類〈(徳川光友夫人千代姫所用)/〉
菊の白露蒔絵料紙箱
金銀調度類
菊折枝蒔絵乗物
胡蝶蒔絵掛硯箱
ページトップへ