胡蝶蒔絵掛硯箱 こちょうまきえかけすずりばこ

工芸  漆工 / 江戸 / 日本 

江戸/寛永16年(1639)
高19.7 縦34.2 横20.7
一合
霊仙院千代姫(尾張2代光友夫人)所用
国宝

 胡蝶蒔絵も初音蒔絵調度と同じく千代姫の婚礼調度のひとつ。十件存在する。『源氏物語』胡蝶に基づく意匠で、六条院の春の庭で楽を奏し舟遊びをする様子が描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

胡蝶蒔絵掛硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

婚礼調度類〈(徳川光友夫人千代姫所用)/〉
初音蒔絵黒棚飾り
金銀調度類
初音蒔絵硯箱
初音蒔絵文台
ページトップへ