菊の白露蒔絵料紙箱 きくのしらつゆまきえりょうしばこ

工芸  漆工 / 江戸 / 日本 

江戸/寛永10年(1633)
高18.8 縦42.4 横36.4
一合
清泰院亀姫(加賀前田4代光高夫人)所用

流水に岩、銀鋲を露に見立てて咲き誇る菊が描かれている。金や銀の象嵌で、「仙人の折る袖匂ふ菊の露打払ふにも千代はへぬべし」の歌で『新古今和歌集』巻第七賀に収められている。『幸阿弥家伝書』や『幸阿弥家蒔絵品目』などによると、加賀前田家四代光高に嫁した三代将軍家光の養女の亀姫(清泰院)の婚礼調度とみれる。

作品所在地の地図

関連リンク

菊の白露蒔絵料紙箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

婚礼調度類〈(徳川光友夫人千代姫所用)/〉
初音蒔絵黒棚飾り
金銀調度類
菊折枝蒔絵乗物
黒漆塗雪薄竹に雀紋桜枝散蒔絵厨子棚
ページトップへ