Writing box, Design of chrysanthemum and tanzaku paper in the dew in maki-e lacquer

Details

Writing box, Design of chrysanthemum and tanzaku paper in the dew in maki-e lacquer

lacquer work / Edo

Edo period, 18th century

1合

蓋表に菊の折枝と短冊を描いている。短冊には、金の平文で表わされた「我が宿の」「いく」の文字が見えており、これが『拾遺和歌集』の清原元輔の歌「わが宿の菊の白露今日ごとに 幾代つもりて淵となるらむ」によった意匠であると知られる。    

Related Works

Search items related to work chosen