菊折枝蒔絵乗物 きくおりえだまきえのりもの

工芸  その他 / 江戸 / 日本 

江戸/19世紀
高102.0 棒長442.0
一挺
俊恭院福君(尾張11代斉温夫人)所用

 菊折枝蒔絵調度は、厨子棚・黒棚・書棚の三棚をはじめ貝桶、輿、長柄傘などの八十余点が現存しており、十一代斉温の夫人俊恭院福君(さちぎみ)が、天保七年(一八三六)に嫁入りした際に携えてきた婚礼調度である。しかし、一部は九代宗睦の夫人転陵院好君の婚礼調度も複合している。両夫人とも五摂家筆頭の近衛家出身で、抱牡丹紋は同家の家紋である。一部複合であるとしても、一括して伝存している大名婚礼調度としては、今日これが最大規模の例であろう。

作品所在地の地図

関連リンク

菊折枝蒔絵乗物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

婚礼調度類〈(徳川光友夫人千代姫所用)/〉
松橘蒔絵貝桶
黒漆塗雪薄竹に雀紋桜枝散蒔絵厨子棚
初音蒔絵黒棚飾り
金銀調度類
ページトップへ