初音蒔絵手箱 はつねまきえてばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 / 江戸 

幸阿弥長重作
江戸時代・寛永16年(1639)
1合

画中に葦手の手法で書き込まれた文字から、これが『源氏物語』初音の帖にみえる歌「年月を松にひかれてふる人に けふ鶯の初音きかせよ」を主題とした意匠であることが知られる。慶賀の意を表わした、正月にふさわしいデザインである。 
(2004/12/07 or 2006/10/11 or 2008/01/02_h081 or h132) 

作品所在地の地図

関連リンク

初音蒔絵手箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

初音蒔絵黒棚飾り
初音蒔絵源氏箪笥
婚礼調度類〈(徳川光友夫人千代姫所用)/〉
片輪車螺鈿手箱
梅月蒔絵手箱
ページトップへ