文化遺産オンライン

初音蒔絵源氏箪笥

はつねまきえげんじだんす

作品概要

初音蒔絵源氏箪笥

はつねまきえげんじだんす

漆工 / 江戸

江戸時代・18世紀

1基

 源氏箪笥は『源氏物語』の冊子を収めるもの。扉に描かれた松枝に鶯、2個の鬚籠(ひげこ)は、『源氏物語』初音の帖による意匠で、明石の上からその娘明石の姫君に贈った、正月の祝物を表わしている。中には54帖の外題を前面に記した6個の引出しを収めている。 (2004/12/07 or 2007/10/16_h081)(20140102_h081)

初音蒔絵源氏箪笥をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

初音 / 源氏物語 / 源氏 / はつね

関連作品

チェックした関連作品の検索