源氏物語図 初音(巻23 ) げんじものがたりず はつね

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦38.6×横50.1㎝
1面

正月に源氏が明石の姫君を訪れ仲睦まじく語り合う物語の場面が描かれている。新春の庭に紅梅が咲き誇る中、姫君に会えぬ実母の明石君を憐れみ、思いを認める源氏や、庭先で小枝を引き抜いて長寿を願う童女たちの姿が描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 初音(巻23 )チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 明石(巻13)
源氏物語図 紅梅(巻43)
源氏物語図 帚木(巻2)
源氏物語図 竹河(巻44)
源氏物語図 賢木(巻10 )
ページトップへ