源氏物語図 松風(巻18) げんじものがたりず まつかぜ

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦35.0×横55.6㎝
1面

源氏が桂の院で催した管弦の宴に、鷹狩のために遅れた公家が、捕まえた小鳥を荻の枝につけて源氏へ差し出す。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 松風(巻18)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 初音(巻23 )
源氏物語図 須磨(巻12)
源氏物語図 篝火(巻27)
源氏物語図 行幸(巻29)
源氏物語図 御法(巻40)
ページトップへ