源氏物語図 須磨(巻12) げんじものがたりず すま

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦31.5×横55.0㎝
1面

上京途中の源氏の旧友大宰大弐一行の船が須磨浦付近さを通りかかると、謹慎中の源氏が弾く琴の音が遠く聞こえてくる。大弐は源氏のもとへ手紙を出す。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 須磨(巻12)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 関屋(巻16)
源氏物語図 初音(巻23 )
源氏物語図 鈴虫(巻38)
源氏物語図 椎本(巻46)
源氏物語図 花散里(巻11)
ページトップへ