源氏物語図 椎本(巻46) げんじものがたりず しいがもと

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦29.9×横57.6㎝
1面

宇治山荘に逗留中の匂宮(源氏の孫)・薫(源氏の子/実父柏木)らのもとに、対岸に住む源氏の異母弟八の宮から招待の文が届く。一行は舟に乗り、楽器を弾きながら、八の宮邸へ向う。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 椎本(巻46)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 宿木(巻49)
源氏物語図 夕霧(巻39)
源氏物語図 紅梅(巻43)
源氏物語図 鈴虫(巻38)
源氏物語図 須磨(巻12)
ページトップへ