源氏物語図 夕霧(巻39) げんじものがたりず ゆうぎり

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦27.5×横57.0㎝
1面

落葉の宮(柏木妻)への慕情がつのる夕霧(源氏の息子)は彼女が住む小野山荘を訪ねた。妻戸の脇にたち、秋の夕陽にまぶしそうに扇をかさず夕霧。近くの野では鹿が鳴いている。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 夕霧(巻39)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 篝火(巻27)
源氏物語図 椎本(巻46)
源氏物語図 竹河(巻44)
夕霧図屏風
源氏物語図 少女(巻21)
ページトップへ