源氏物語図 蜻蛉(巻52) げんじものがたりず かげろう

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦46.1×横57.9㎝
1面

夏の夕暮れ、今上帝の姫女一の宮が女房らとともに、氷を前に涼んでいる様子を覗きみた薫は、女一の宮の優雅な姿に心奪われる。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 蜻蛉(巻52)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 宿木(巻49)
源氏物語図 紅梅(巻43)
源氏物語図 椎本(巻46)
源氏物語図 若紫(巻5)
源氏物語図 初音(巻23 )
ページトップへ