源氏物語図 末摘花(巻6) げんじものがたりず すえつむはな

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦26.7×横56.7㎝
1面

故常陸宮の姫末摘花邸で、一夜を過ごした源氏は翌朝、初めて姫の異様な容姿を見た。その帰り際源氏は庭の橘に降り積もった雪を従者に払わせる。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 末摘花(巻6)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 蓬生(巻15)
源氏物語図 椎本(巻46)
源氏物語図 篝火(巻27)
源氏物語図 若紫(巻5)
源氏物語図 行幸(巻29)
ページトップへ