源氏物語図 幻(巻41) げんじものがたりず まぼろし

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦29.3×横44.0㎝
1面

紫の上の一周忌を済ませた源氏は、年明けの出家を決意。年末の御仏名に招いた導師と盃を酌み交わしながら、過ぎし方を語り合う。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 幻(巻41)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 初音(巻23 )
源氏物語図 御法(巻40)
源氏物語図 少女(巻21)
源氏物語図 篝火(巻27)
源氏物語図 行幸(巻29)
ページトップへ