源氏物語図 御法(巻40) げんじものがたりず みのり

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦37.3×横57.5㎝
1面

日々病状が悪くなる紫の上は、以前から書写させていた法華経千部の法会を催させた。夜明けに満開の桜の下で陵王の舞が舞われ、これを感慨深く眺める、紫の上と源氏。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 御法(巻40)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 幻(巻41)
源氏物語図 少女(巻21)
源氏物語図 若紫(巻5)
源氏物語図 松風(巻18)
源氏物語図 初音(巻23 )
ページトップへ