源氏物語図 花散里(巻11) げんじものがたりず はなちるさと

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦28.6×横54.4㎝
1面

五月雨の晴れ間、桐壼帝の後宮に仕えた麗景殿女御(れいけいでんのにょうご)の妹花散里を訪ねようと中川辺りを通ると、ある邸宅からにぎやかな琴の音が聞こえてきた。そこは以前一度だけ逢った女性の家で、源氏は歌を詠み、使者として惟光を入らせる。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 花散里(巻11)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 蓬生(巻15)
源氏物語図 須磨(巻12)
源氏物語図 花宴(巻8)
源氏物語図 若紫(巻5)
源氏物語図 鈴虫(巻38)
ページトップへ