源氏物語図 花宴(巻8) げんじものがたりず はなのえん

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦51.2×横58.4㎝
1面

宮中での桜見の宴の後、源氏が酔い心地で弘徽殿(こきでん)の細殿(ほそどの)に紛れ込むと、歌を口ずさみながら歩いてくる女性、朧月夜(おぼろづきよ/右大臣の六の君)と出会った。一夜を供にした二人は、互いに名乗ることもなく、扇を取り交わして別れた。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 花宴(巻8)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 松風(巻18)
源氏物語図 花散里(巻11)
源氏物語図 紅梅(巻43)
源氏物語図 明石(巻13)
源氏物語図 行幸(巻29)
ページトップへ