源氏物語図 明石(巻13) げんじものがたりず あかし

日本画 / 安土・桃山 / 大分県 

狩野派
かのうは
桃山時代/17世紀
紙本金地着色
縦34.9×横50.0㎝
1面

八月の十三夜、源氏が明石の入道の誘いで、初めて入道の姫君、明石の君の住む岡部の宿へ馬に乗り向う。

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図 明石(巻13)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 初音(巻23 )
源氏物語図 賢木(巻10 )
源氏物語図 紅梅(巻43)
源氏物語図 松風(巻18)
源氏物語図 花宴(巻8)
ページトップへ