比良山蒔絵硯箱 ひらさんまきえすずりばこ

その他の画像全5枚中5枚表示

漆工 / 江戸 

塩見政誠作
江戸時代・18世紀
1合
重要文化財

 金の薄肉高(うすにくたか)蒔絵・研出(とぎだし)蒔絵を主体に精細に仕上げられた硯箱。比良山地は古くから山風や花の名所として和歌に詠まれた場所で、この画面もおそらく「花さそう比良の山風吹きにけり 漕ぎゆく舟のあとみゆるまで」(『新古今和歌集』)などの歌意を表現したものであろう。(2005/03/15 or 2006/03/28 or 2008/01/02_h081 or h132)

作品所在地の地図

関連リンク

比良山蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

比良山蒔絵硯箱
初瀬山蒔絵硯箱
砧蒔絵硯箱
花白河蒔絵硯箱
柴垣蔦蒔絵硯箱
ページトップへ