麗花集断簡(八幡切) れいかしゅうだんかん やわたぎれ 

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 

伝小野道風筆
平安時代・11世紀
彩箋墨書
1幅

平安時代中期の私撰集『麗花集』の写本で、断簡のみが伝わる散佚の歌集。白具引き地に布目打ちを施し、亀甲繋ぎ文を雲母摺りした舶載の唐紙。透過光を用い100倍の顕微鏡でみると、剥落の箇所から、先端が細い竹紙の繊維を確認できる。京都・男山八幡宮伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

麗花集断簡(八幡切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

彩牋墨書古今集第十四断簡〈(本阿弥切)/(いつはりの)〉<BR/>色紙墨書道済集断簡〈(紙撚切)/(まかきの)〉<BR/>紙本墨書家集断簡〈(針切)/(わかために)〉
石山切(たまならぬ)
唐詩断簡(絹地切)
唐詩断簡(絹地切)

小野道風筆

石山切(貫之集下) 身をなけきて
興風集断簡(名家家集切)
ページトップへ