文化遺産オンライン

獅子螺鈿鞍

ししらでんくら

作品概要

獅子螺鈿鞍

ししらでんくら

漆工 / 平安 / 鎌倉

平安~鎌倉時代・12~13世紀

1背

重要文化財

古様を示す形式をもつ希少な鞍の1つ。金粉を密に蒔いた沃懸地(いかけじ)に厚い夜光貝(やこうがい)による螺鈿で、さまざまな姿態の獅子を表わしています。獅子は豊かな表情で巧みに描き分けられ、金を背景に強い存在感を放っています。平安~鎌倉時代にかけて盛行した沃懸地螺鈿の典型を示す作品です。

獅子螺鈿鞍をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

螺鈿 / / 前輪 / らでん

関連作品

チェックした関連作品の検索