後醍醐天皇宸翰消息 ゴダイゴテンノウシンカンショウソク

 / 鎌倉 

後醍醐天皇
制作地:日本
鎌倉
紙本墨書
縦 26.4 cm 横 470 cm
1幅
重要文化財

後醍醐天皇(1288―1339)が、嘉暦4年(1329)、郢曲・和琴の師であった綾小路有頼の死を悼み、その子敦有に秘曲の相伝を許された時の消息。有頼は、後伏見、後醍醐両天皇の郢曲・和琴の師を務めたが、この年の7月18日、35歳の若さで亡くなった。時に遺児敦有は、わずか8歳の幼童であった。書画に署名・花押・月日の記筆はないが、有頼の死没直後に書かれたものと推定され、後醍醐天皇42歳の時の宸筆と考えられる。雄渾な筆勢が見事に発揮された宸翰様のなかでも格調高い屈指の名品である。

作品所在地の地図

関連リンク

後醍醐天皇宸翰消息チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本墨書後醍醐天皇宸翰御消息(有頼卿事)
清拙正澄筆 法語
清拙正澄筆 法語

清拙正澄筆

花園天皇宸翰御消息〈後二月廿四日(御花押)/〉
金字法華経巻第三
花園天皇宸翰消息
ページトップへ