文化遺産オンライン

車輪石

しゃりんせき

作品概要

車輪石

しゃりんせき

考古資料 / 古墳 / 奈良県

出土地:奈良県天理市 東大寺山古墳出土

古墳時代・4世紀

石製

径9.4~14.8

19個

国宝

形が車輪に似ていることに名前の由来がありますが、オオツタノハ製の貝輪をモデルとした儀器です。オオツタノハは中心部から凹凸をもって放射状に広がる肋間溝(ろっかんこう)が特徴で、車輪石にはその形状が表現されています。正円形から卵形まで様々な形があります。

車輪石をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

古墳 / / Tenri / 車輪

関連作品

チェックした関連作品の検索