Seated Jambhala or Kubera

Details

Seated Jambhala or Kubera

Sculpture / Other Asia

Place of production:Indonesia

Central Java period, 8th-9th century

Bronze

総高14.0 坐高11.1

1躯

中部ジャワ期のインドネシアでは、仏教、ヒンドゥー教がともに栄えました。この像は、仏教ならジャムバラ、ヒンドゥー教ならクベーラの像として作られたものですが、両者を区別することは難しいです。右手にレモンをとり、左手はマングースの首をつかんでいます。  (201301012_t121)

Related Works

Search items related to work chosen