Ryokuyuukokuso

緑釉穀倉

Details

Ryokuyuukokuso

緑釉穀倉

考古資料 / 中国

制作地:中国, 出土地:中国出土

中国・前漢~後漢時代 前1世紀~1世紀

緑釉陶器

最大径18.0 高23.3

1個

サイロに似た円筒形の穀倉を象ったミニチュア模型である。傘状に張り出した屋根は瓦葺きで表し、頂部中央に円孔が空く。底部には回転糸切り痕が残り、焼成する前の段階で回転台で成形し、その後、糸で粘土を切り離したことが分かる。底部周縁には熊形の足が三本つく。
中国では多彩な器物のミニチュア模型「明器」がやきもので象られ、死者のあの世での幸福を祈って墓に副葬された。明器のなかでも穀倉は竈と並んで歴史が古く、春秋時代には秦で出現している。漢時代になると、明器のなかでももっとも一般的な器種のひとつとして領域のほぼ全土で盛んに作られた。なかでも緑釉穀倉は赤い胎土、傘状に張り出した瓦葺きの屋根に特色があり、前漢時代の紀元前1世紀から後漢時代の1世紀にかけて、陝西省・河南省などの華北地域でおもに流行した。

Search by Ryokuyuukokuso

Search by 九州国立博物館

Keywords

China / 中国 / / dynasty

Related Works

Search items related to work chosen