夏秋草図屏風 なつあきくさずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 江戸 

酒井抱一筆
江戸時代・19世紀
紙本銀地着色
各164.5×181.8
2曲1双
重要文化財

 この作品は、酒井抱一が尾形光琳(おがたこうりん)の「風神雷神図屏風」の裏にあとから描き加えたものです。第11代将軍徳川家斉(とくがわいえなり)の父で、一橋家の当主、治済(はるさだ)から制作を依頼された作品でした。作品保存のため、昭和49年(1974)年に表と裏に分けられ、現在はそれぞれ別の屏風になっています。
 月の光を思わせる銀色の地に、夏から秋の草花が爽やかな色彩であらわされています。向かって右の屏風には、百合や昼顔などの夏草が、うなだれたように葉先を地面に向けています。背景には地面にたまった雨水が流れ出しています。雨粒を描くことなく、夏の強い夕立を表現しています。
 左側の屏風には、葛(くず)や藤袴、ススキや蔦紅葉といった秋の草花が右から左へと大きく風に吹かれています。宙に舞う蔦紅葉や、裏返った葉の色に、風の強さがしめされています。
 夏草図は、もともとは光琳の雷神図の裏に、秋草図は、風神図の裏にありました。つまり、この夏草は雷神がもたらした雨に打たれており、秋草は風神が巻き起こした風に吹かれているという関係にあったのです。
 他にも光琳の「風神雷神図屏風」と抱一の「夏秋草図屏風」には、金と銀、天上の世界と地上の世界といった対比が見られ、光琳に憧れた抱一が、さまざまに光琳の作品に応えようとしたことがうかがえます。

作品所在地の地図

関連リンク

夏秋草図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

風神雷神図屏風
風神雷神図屏風

尾形光琳筆

風神雷神
風神雷神

今村紫紅筆

風神雷神図襖
風神雷神図襖

鈴木其一

紙本金地著色風神雷神図〈尾形光琳筆/二曲屏風〉
風神雷神図/夏秋草花図屏風
風神雷神図/夏秋草花図屏風

尾形光琳、酒井抱一筆

ページトップへ