文化遺産オンライン

人丸図

ヒトマルズ

作品概要

人丸図

ヒトマルズ

絵画

縦:107.4cm 横:48.1cm

1幅

歌聖・柿本人麻呂を描く。 酒井抱一(1761~1828)は姫路城主酒井家の嫡流だが、出家して俳譜と画道に遊んだ。江戸の根岸に雨華庵を結んで、江戸後期文化人の中心的存在として活躍した。尾形光琳を追慕して『光琳百図』等を出版、自らも俳趣味をたっぷり加味した琳派風絵画を描き、江戸琳派を形成した。

人丸図をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

光琳 / 尾形 / 其一 / 琳派

関連作品

チェックした関連作品の検索