文化遺産オンライン

夏草図屏風

なつくさずびょうぶ

作品概要

夏草図屏風

なつくさずびょうぶ

絵画 / 明治

酒井道一筆

明治26年(1893)

紙本銀地着色

120.7×129.4

2曲1隻

道一は江戸時代の画家鈴木其一に琳派を学び、酒井鷺一の養子となり、酒井姓を名乗り雨華庵四世を継いだ。本作は其一の師酒井抱一の「夏秋草図屏風」を模写したもの。明治26年(1893)のシカゴ万国博覧会で建てられた鳳凰殿内部を飾る調度品として描かれた。(170711_h18)

夏草図屏風をもっと見る

酒井道一筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

酒井 / 抱一 / 琳派 / 其一

関連作品

チェックした関連作品の検索